アトピー性皮膚炎とは

現在、日本国民の約3割がアレルギー疾患に悩まされているといわれています。アレルギー疾患の代表的なものは花粉症、気管支ぜんそく、そしてアトピー性皮膚炎です。特にアトピー性皮膚炎は皮膚の疾患であり、見た目にもわかりやすいものですから、思春期の若者や女性などは特に気にされて悩まれている方も多いでしょう。

見た目のみならず、そのかゆみや痛みは想像を超えるものがあり、しかも薬などで簡単に治るものではないので、アトピー性皮膚炎と付き合っていかねばならない人たちは、非常に辛い思いをされているのです。そもそもアトピー性皮膚炎は、もともと何らかのアレルギーに反応しやすい人や、皮膚が持つバリア機能が弱い人に多くみられる疾患で、おもに皮膚の炎症を伴い、湿疹やかゆみが症状としてあらわれ、それらが悪化したり緩和したりを繰り返し続けます。一般的には乳児では2ヶ月以上、小児~成人では6ヶ月以上症状が続いた場合、慢性的なアトピー性皮膚炎と診断されています。アレルギー反応を起こしやすい体質は遺伝によるものが原因ともいわれており、家族の中でアトピー以外にも花粉症や食物アレルギー、アレルギー性鼻炎、ぜんそくなどを患っている人がいれば、アレルギーに敏感な体質を受け継ぐ可能性が高くなるとされています。これを、アトピー素因といいます。

湿疹やかゆみが多く出やすいのは関節の内側やおでこ、目のまわり、口のまわりなどで、汗をかきやすいところやばい菌が付着しやすいところなどにアレルギー反応が多くみられます。ひどくなると、じゅくじゅくと液体が出てきて、長引いた場合には逆にごわごわ硬くなるなど、非常に治りにくいのも特徴です。

○厳選リンク
アトピー対策用に開発されたスキンケア化粧品の通販サイトです・・・アトピー 対策

 

Copyright © 2014 アトピー性皮膚炎の知識 All Rights Reserved.